電気電子系の大学院生の生活を紹介!【意外と楽?】

大学院生

「大学院生って何してるの?」

このような疑問を持つ方のための記事を書きました。

どうも、昨年度に無事修了過程を終えた一般男性です。

簡単に自己紹介させてください。

僕は電気電子科の中でも電子回路を専門とした研究室に在籍していました。

博士課程に進む気はなく、あまり優秀ではない大学院生でした。

でも、ちゃんと修士論文は書き終えて現在は社会人として働いています。

そんな僕の大学院生時代の生活について紹介したいと思います。

研究、勉強会、TA、講義、国際学会発表、就職活動、修士論文などなど僕自身が体験した大学院での生活について全部書きます。

大学院生の生活に興味がある方には参考になるはずです。

4つの時期に分けて説明します。

記事の内容
・1年前期
・1年後期
・2年前期
・2年後期




この記事を書いている人
社会人1年目です。
ブログ運営を2年くらいしています
それなりの失敗を積み重ねて生きています笑



大学院生の生活を紹介

僕自身の大学院での生活を修士1年前期、後期、2年前期、後期の4つに分けて説明します。

僕自身の大学院生のスペックとしては以下の通りです。

この記事を書いている人
・電気電子を専攻
・電子回路を専門とした研究室に所属
・研究室はブラックでもなくホワイトでもない(普通)
・学会は3度経験(国内:2,国外1)



こんな感じでどこにでもいる大学院生でしたね。

では、そんな僕の大学院生の頃の生活をさっそく紹介していきますね。

大学院生の生活① 1年前期編

僕の修士1年の頃の基本的なスケジュールはこんな感じでした。

1年前期



学会に出る予定がない1年前期の大学院生のスケジュールは基本こんな感じになると思います。

午前中は講義か進捗報告会か研究室内の勉強会でほとんど埋まっていました。

研究室ではお昼の時間がなんとなく決まっていて12時から13時の間にコンビニで弁当を買って、研究室で動画を見ながら食べるというのが僕の日課。

午後は基本的には研究をしていましたが、学会に出る予定もなく追い詰められることもないため家でダラダラしたり、ブログを書いていることが多々ありました。

アルバイトをする時間もちゃんとあったので、週3くらいでアルバイトもしていましたね。

僕の友人たちや研究室の同期も基本こんな感じの生活をしていました。

生活の基盤となるこの5つの要素について簡単に説明します。

1年前期
・進捗報告会
・講義
・勉強会
・1年前期の研究
・アルバイト

1年前期① 進捗報告会

進捗報告会はシンプルに地獄です。

大学生の頃と違い、大学院生になるとちゃんと成果を求められるから。

僕の研究室では4週間に1度くらいの割合で自分の発表をしていました。

残りの週は他の人の報告を聞いていました。

僕はこの進捗報告会を乗り切るために研究をしていたと言っても過言ではないです笑

めちゃくちゃ怒られた記憶もあるし、「ちゃんと研究進んでるのか」と何度も言われました。


進捗報告会は修士の間ずっとある項目で、とにかく地獄でした笑

1年前期② 講義

大学院生には講義があります。

国立の大学院生の場合は30単位取る必要があります。

研究をしていれば貰える単位が12単位あるので、残り18単位を取ればOKです。

(長期インターンや学会発表参加でもらえる単位もあります)

僕の大学では修士の講義の単位を取ることは比較的簡単でした。

それもそのはずで教授たちも基本的に研究に専念して欲しいので、講義に時間をかけて欲しくないと考えているから。

(講義内でそこまで力を入れなくてもいいよと普通に言われました笑)

注意点としては暇な内(1年前期)に単位は取っておいた方がいいということ。

1番暇な時期って1年前期なので、1年前期に可能な限り単位は取りきった方がいいです。

単位を取るのは簡単でも出席という時点で時間をかなり奪われます。

レポートやテスト勉強にもなんだかんだ時間を使いますよ。

講義に時間を使える時期は1年前期くらいだったと思います。

1年前期③ 勉強会

どこの研究室でも「勉強会」があるはずです。

この勉強会とは研究室によって違います。

「毎週担当者が論文を読んできて、その内容をプレゼンする」

「1冊の参考書を決められた範囲を担当者が読んできて、その内容をプレゼンする」

などなど研究室によって違いますが、話に聴くとどこの研究室でも毎週こういった集まりはあるそうです。

で、これに結構時間を使います。

基本、論文も参考書も英語で書かれているし内容もそこそこ難しい。

和訳はGoogle翻訳で簡単にできますが、内容も理解は自分の頭でどうしても考える必要があります。

僕は電気電子の中でも電子回路を専門とした研究室にいました。

勉強会では、電子回路に関する英語で書かれた参考書を決められた範囲読んできて、プレゼンしていました。

高頻度で教授に詰められるので辛かった思い出があります。

これも基本的に2年間ずっと行われる項目です。

(僕の場合は運が良いことにコロナのおかげで2年前期以降は一時中断となりました)

1年前期④ 1年前期の研究

1年前期の研究は基本進みません。

夏に学会に出る予定のある人は頑張って研究を進めたり、学会の準備をすると思います。

でも,

僕のような何もない人は基本進まないです。

講義や勉強会などで時間を奪われるし、進捗報告会だけが研究を進める目的なので笑

ただ、ここで研究を進めておくだけでこの先の生活が楽になるんですよね。

僕はこの期間にちゃんと研究をしていなかったので、辛い思いをすることになりました。

間違いなく、卒論前の4年生の方が研究時間が長かったです。



ダラダラしちゃう大学院生は1年前期はゆるーく研究をしちゃうと思います。

1年前期⑤ アルバイト

1年の前期で研究に余裕のある人ならアルバイトをします。

僕もアルバイトを週3くらいでやっていました。

やっぱり、大学院生と言っても学生なので遊びたいんですよ。

でも、お金はないのでアルバイトをしていました。

でも、今になって思うのはアルバイトってかなり時間を奪われるので、あまりしない方がよかったかなと思います。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

大学院生はアルバイトと研究を両立できる?【難しいよね】

ただ、アルバイトをしている大学院生はかなりいますよ。

大学院生の生活② 1年後期編

次は修士1年の後期です。

僕のスケジュールはこんな感じでした。

1年後期



講義がなくなって、午前中に研究をすることが増えてきました。

1年前期と基本同じようなスケジュールですが、コアタイム外の17時以降も研究していました。

理由は「学会」「就活」の存在です。

アルバイトも週1,2くらいに減らしていました。

ただ、相変わらずやる気のないときは午後は研究しない日も多々ありました。

まあ、学会前で忙しいときは朝から晩まで研究、それ以外は1年前期のような緩いスケジュールで活動していた感じです。

生活の基盤となるこの3つの要素について簡単に説明しますね。

1年後期
・学会
・就職活動
・1年後期の研究

1年後期① 学会発表

多くの人は学会発表を1年後期以降のどこかで行うと思います。

(早い人は大学生の頃や修士1年で行っています)

ちなみに学会発表をする頻度は研究している分野と研究室によって大きく異なります。

学会に出たときに情報交換をしましたが、1年で10回くらい発表する人もいれば1年で1回発表すれば多い方など色々な人がいました。

学会発表をする回数はその研究室と自分のやる気次第で決まります。

学会発表は発表をするための研究、予稿製作、発表スライド製作、発表練習などかなり時間を使います。

僕は2年間を通して国内学会発表2回、国際学会発表1回を経験しました。

国際学会発表は英語での発表になるため、国内学会発表と比べて全ての準備は2倍くらいになります。

ちなみに、査読がそこまで厳しくない学会なら成果が大きなくてもなくても出れますよ。

現に僕はたいした成果ではないのに、国際学会発表をしていきました。

学会については下記の記事で詳しく説明しています。

よかったら読んでみてください。

英語力なし&研究成果弱いヘボ大学院生が海外で学会発表をした話

1年後期② 就職活動

大学院生にも就職活動はちゃんとあります。

博士課程に進む気がある人には関係ない話ですが、2年間の研究生活を終えた後に社会人になる予定の大学院生には必須。

早い人は修士1年の夏の長期インターンに参加することで就活を進めています。

僕の場合は1年の後期からちょこちょこ説明会やインターンに参加していました。

大学院生の場合はちゃんと修士1年の頃から就活をやっていれば3,4月には就活を終わらせることができますよ。

新卒+大学院生カードはかなり強いので。

ただ、何もやっていない+何も話すことがないでは苦戦すると思うので、遅くとも修士1年後期の10月くらいからは準備の必要があります。

ちなみに就職活動もちゃんと時間を使うので、研究が遅れます。

ブラック研究室でインターンに行くのも許可が必要だとかなり苦戦すると思います。

僕の就活の失敗談を下記の記事でまとめています。

よかったら読んでみてください。

大学院生の就活で事前に知っておけばよかったこと10選【失敗ばかり】

1年後期③ 1年後期の研究 

1年後期の研究は基本的に講義がないため1年前期よりは少し研究の時間が増えますね。

学会発表をする人なんかは学会が近づくと共に比例して研究室にいる時間が増えます。

僕の場合は学会前はガッツリ朝から晩まで研究、それ以外はゆるーく研究というスタイルでした。

中間発表が3月にある人なんかはその前も忙しくなる可能性があります。

ただ、基本的にはそういう発表がない限り、研究地獄ではなかったです。

大学院生の生活③ 2年前期編

次に修士の2年前期です。

修士2年前期のスケジュールはこんな感じでした。



基本的には1年の後期と日程は変わらないです。

が、

僕の場合はこの時点で修士論文を書けるような成果が何もなかったためかなり焦って研究をしていました。

朝早く研究をした方が効率が良いことに気付いたので、7時から研究室にいるような生活をしていました。

朝起きて10分で準備して大学に向かう感じです。

7時から17時までは基本的に研究室にいて、その後も予定がないときは基本研究をしていました。

そんな生活です。

特別何かやることが増えるわけではないですが、修士論文が近づくので研究の時間増えます。

2年前期① 2年前期の研究

2年前期の研究はそこそこ頑張りました。

先ほども書きましたが、修士2年4月の時点で修士論文に書けるような成果が何もなかったんですよ。

学会には出ていましたが、かなり小さな成果だったので修士論文としては微妙なんですよね。

教授からも「ちょっと危ない気がする」と言われてしまうほどでした。

修士論文を見据えるようになって2年から研究する時間が増えたという人は多いと思います。

僕の同期や違う研究室の友人も研究する時間が明らかに伸びていました。

で、必然的に1日の大半を研究に使うことになります。



下記の記事では、研究に少し力を入れ始めたことについて書いています。

よかったら読んでみてください

無能大学院生が研究室で生き残れた要因って?

大学院生の生活④ 2年前後期

最後に修士2年の後期のスケジュールを紹介します。



見ればわかるように研究ばかりの生活でした。

それもそのはず、修士論文を書き上げる作業+学会発表を2回していたからです。

2年後期が間違いなく、研究室にいる時間が多い時期です。

2年後期
・修士論文
・2年後期の研究



この2つについて簡単に説明しますね。

2年後期① 修士論文

「修士論文」

これめっちゃキツいです。

だいたい70~100ページくらいかけて自分の研究について書きます。

で、その後に修士論文発表を行います。

自分の教授にさえだす前にOKを貰えば普通に修了できますし、

発表に関しては質疑応答の時間耐えるだけで気付いたら終わっています。

でも、この修士論文を書く作業やスライドを作る作業でかなり時間を使います。



経験しないとわからないと思いますが、やっぱり70ページ以上の論文を書くのってめちゃくちゃ面倒くさいんですよね…


間違いなく、修士論文が大学院生活の中で1番重かったです。

2年後期② 2年後期の研究

2年後期はもう修士論文を書き上げるためだけに研究をします。

修士論文前なのか気付いたら朝から晩まで研究していることが多かった記憶があります。

修士論文を書き始めると足りないデータに気付いてくるんですよね。

なので、研究に終わりがなかなか見えなくなります。



2年後期は基本的に朝から晩まで研究をしていると言っても過言ではないです。

まとめ

この記事では、大学院生の生活について紹介しました。

あくまで僕の話になるので、もっと忙しい人も暇な人もいると思います。

僕の場合はそこそこ遊びを重視していたので、研究以外の自由時間を確保するようにしていました。

電気電子で遊びつつも修士論文をちゃんと書き上げようと思ったらこんなスケジュールになりますよ。

大学院に進む人は頑張ってください。

応援しています。