カメの飼育にろ過っていらないの?【僕は手放した】

水棲ガメの飼育
・カメに濾過器って必要?
・カメの飼育に必要な道具って何?

このような疑問を持つ方のための記事を書きました。

この記事を読んで欲しい方
・カメの飼育初心者の方
・カメの飼育に濾過器は必要か知りたい方



僕は17年間以上の間、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)を飼育しています。


飼育ケースこそ水槽、衣装ケース、プラ船など様々なモノを使っていきましたが、


ろ過装置は使ったことがないです。


その代わり濾過のための砂利石は使っていましたが、現在はもう使っていません。


この記事では、カメの飼育にろ過が必要かどうか僕の考えを書きたいと思います。

記事の内容
・カメの飼育にろ過はあった方が良い
・ろ過しなくてもカメの飼育はできる
・ろ過をしないカメの飼育



この記事を読むことで、カメの飼育の役に立てば嬉しいです。

この記事を書いている人
ミドリガメを17年間飼育しています。
これまで様々な飼い方を試してきました。
カメも健康で活発に活動しています


水棲ガメ
この記事では僕の飼っているカメの経験談を元に書いています。
なので、水棲ガメについての話がメインになっています。
水棲ガメとはリクガメ以外の水辺を好むカメのことでイシガメやクサガメなどが当てはまります。

カメの飼育にろ過はあった方が良い

カメの飼育にろ過装置や砂利が欲しいか欲しくないかの疑問に関しては、


「あった方がいいよね。」


が答えだと思います。



ルンバのある部屋に住みたいかルンバのない部屋に住みたいかレベルの違いですね。


何かしらのろ過装置を使うことで、

ろ過装置のデメリット
・定期的なろ過装置の掃除が必要
・ろ過装置を置ける大きな水槽が必要
・ろ過装置を買って電気代を払う手間



など僕たち側の手間は増えますが、


カメ視点からすると少しでも水質が良くなるろ過装置はあった方がいい。


ただし、ろ過装置があっても水が汚れたら水換えの必要はあります。


ここだけ注意が必要ですね。

ろ過しなくてもカメの飼育はできる

現在僕はこのような飼育ケースでカメを飼育しています。





ろ過装置や砂利石なんかは置いていないですね。


それでもカメは健康で元気に生きています。


水質を基本的にいつもきれいにすることを心懸けているからです。

ろ過装置を設置しないことで、

ろ過装置のデメリット
・定期的なろ過装置の掃除が必要
・ろ過装置を置ける大きな水槽が必要
・ろ過装置を買って設置する手間がかかる



のようなデメリットを受けることがないのは良いですよ。


最初の話と少し矛盾するかもしれないですが、


僕の経験では、ろ過装置がなくてもカメを飼育することはできると言えます。

ろ過をしないカメの飼育

ろ過をしないカメの飼育について最後に紹介したいと思います。


この3つを守ればOKです。

ろ過なしの飼育
①餌の食べ残しや糞はなるべく回収する
②水換えを3日に1度する
③少し大きめの飼育ケースで水の量を増やす



簡単に説明しますね。

① 餌の食べ残しや糞はなるべく回収する

まず餌の食べ残しや糞はなるべく回収しましょう。


水質の悪くなる原因は、

原因
・空気中の汚れ
・カメの糞
・餌の食べ残し



の3つです。


空気中の汚れは仕方ないとして、カメの糞や餌の食べ残しはなるべく回収するといいです。


あく取りなんかでとりやすいですよ。


全部をとるのは不可能なので、大きめの糞や手をつけていない餌くらいは最低でも見かけたら取り除きましょう。

② 水換えを3日に1度する

次に水換えですね。


ぶっちゃけどんなろ過装置でも1回の水換えには勝てません。


ろ過装置も水換えの頻度を落とすための道具にすぎません。


それくらいカメの糞は水を汚します。


なので、ろ過装置を使わないなら少し水が汚れてくる3日目くらいには水換えをするべきです。


水換えなんて効率よくすれば排水、給水、軽い掃除くらいなら5分くらいで終わると思います。


下記の記事では、効率の良い水換えを紹介しています。
よかったらよんでみてください。

楽なカメの水換えのコツを紹介!【排水・給水・掃除を簡単に】



とにかく水換えは高頻度で行いましょう。

③ 少し大きめの飼育ケースで水の量を増やす

少し大きめの飼育ケース+水の量を増やすこともオススメです。


水の量が多いと少しではありますが、水が汚れにくくなります。


なので水の量を増やすのも結構オススメです。


飼育ケースを広くしたり、水深を深くするとそれだけで水の量は増えますね。

まとめ

この記事ではカメの飼育にろ過は必要かどうかについて書きました。


記事の内容
・カメの飼育にろ過はあった方が良い
・ろ過しなくてもカメの飼育はできる
・ろ過をしないカメの飼育



結論、ろ過装置は僕たちの手間は増えるけどカメにとってはありがたい。



ただ、水換えたくさんすればろ過をしなくても飼育はできる。


ちょっと矛盾しているかもしれないですが、これが僕の考えです。


最後まで読んで頂きありがとうございます。


下記の記事では、僕のカメの飼育の失敗談を紹介しています。
よかったら読んでみてください。

【17年飼育】カメの飼育の失敗談を8つ紹介!【これだけはするな】