カメが喜ぶ行動5選!【17年間の飼育経験】

水棲ガメの飼育

「カメが喜ぶことって何?」
「カメを喜ばせたい!」

このような、カメさんを喜ばせたい方のための記事を書きました。



どうも、カメを17年間飼い続けている一般男性のぴろ(@sato0000006)です。

そんな僕の経験からカメさんが喜ぶ方法をこの記事ではまとめています。

具体的には下記5点について紹介しますね。

①餌をあげる
②広い場所で泳がせる
③外で日光浴をさせる
④水をきれいにする
⑤水を適温にする

この記事を読むことで、カメが喜ばせたいときの参考になるはずです。

この記事を書いている人
ミドリガメを17年間飼育しています。
これまで様々な飼い方を試してきました。
カメも健康で活発に活動しています


カメが喜ぶ行動

さっそく僕の経験から、カメさんが喜ぶ行動を紹介していきます。

冒頭でも紹介しましたが、この5つはカメさんの行動からも喜んでいることがわかります。

①餌をあげる
②広い場所で泳がせる
③外で日光浴をさせる
④水をきれいにする
⑤水を適温にする


「どれも普通、、」

と思いませんでしたか?

正直、下手な変化球を投げるよりも上記で挙げたようなシンプルな方法の方が、

カメさんは喜んでいると感じています。

では、それぞれ簡単に説明しますね。

行動① 餌をあげる

餌をあげるとカメはとても喜びます。


水棲ガメ(リクガメ以外の水辺を好むカメ)であれば、

餌は基本的にペットショップで売っている配合飼料で問題ないです。


17年間飼い続けている現在も配合飼料をあげると飛びつくように餌を食べます。

なんなら、僕が近づくだけで餌が貰えると思っているのか近づいてきます(笑)


たまに、乾燥エビやにぼしなどの変わった餌をあげることもオススメ。

行動② 広い場所で泳がせる

広い場所で泳がせることもカメは喜びます。



水棲ガメは泳ぐことが好きなので、広い場所で泳がせると喜びます。


僕の飼っているカメも広い場所だと優雅に泳ぎます。

僕の場合は、飼育ケースよりも大きなお風呂場でたまに泳がせています。



カメさんを普段からある程度泳がせるためにも、

基本的に、大きな飼育ケースで買うことをオススメします。

また、水もカメの甲羅の高さの2倍くらい入れると良いですよ。

下記の記事では、カメの飼育ケースにはプラ舟が大きくて、安く、最適であることを紹介しています。
ぜひ合わせて読んでみてください。

カメの飼育ケースにプラ舟が最適な理由を紹介!【実体験】

行動③ 外で日光浴をさせる

カメは日光浴も大好きです。


僕は屋外でカメを飼育しています。

カメさんは日中は6~7割くらいの時間を日光浴に当てています。


基本的に日光浴をしていて、暑くなってきたら日陰のある水の中で泳ぐ。

そして、また日光浴をすることを繰り返しています。


自然界のカメも冬場以外は基本的に日光浴をしています。

それくらい日光浴が好きなようです!

行動④ 水をきれいにする

カメは水をきれいにすると喜びます。



カメは飼育ケースの水を飲むので、水がきれいな方が良いのは当たり前ですよね。


水がきれいなときと汚いときで、カメの様子は大きく変わらないですが、

カメを喜ばせたいなら、水は常にきれいにしておくべきですね。


水が少し濁ってきたなと思ったタイミングで、水換えをすることをオススメします。

行動⑤ 水温を適切にする

カメは水温は適温であると喜びます。

・温度が高すぎると熱中症になる
・温度が低すぎると動きが鈍くなる

このようにカメさんの飼育ケース内の水温は高すぎても、低すぎてもダメです。



カメは変温動物なので、周りの温度で自身の体温も変わります。

そのため、適温にしてあげることで喜ぶはずです。


暑いときは日陰を作る、冷たい水と交換するなど。

寒いときは冬眠の準備をさせる、ヒーターを使う、室内に入れてあげるなど

のことをしてみると良いですよ。


基本的に28℃くらいがちょうど良いです!

カメが喜んでいるのかわからない行動

ここまで、「カメさんを喜ばせる方法」について書きましたが、

「カメさんがが喜びそうで、喜んでいるのかわからない行動」を簡単に紹介しますね。

・おもちゃを水に浮かべる
・甲羅に軽く水を浴びさせる
・甲羅をスポンジで洗う

このへんの行動は確かにカメさんも興味を示していますが、喜んでいるのかわからないです…



興味を持っているだけかもしれませんが、喜んでいる様子が確認できたら、そのカメさんには合っているんでしょうね。

カメが喜ばない行動

最後に、カメさんが喜ばない行動を紹介します。

①餌を毎日あげない
②飼育ケースが狭い
③日光浴があまりできていない
④水が汚い
⑤水の温度がおかしい


冒頭で紹介した、「カメさんを喜ばせる方法」の逆の行動ですね。


カメさんを飼育するにおいてやってはいけないことです。

この行動を最低限しないことが、大前提で亀を喜ばせましょう。

まとめ

この記事では、カメさんが喜ぶ行動を紹介しました。



カメは生き物で言葉も話せないので、

本当に喜んでいるのかわからないです。


ただ、少なくとも僕が紹介したことは、

カメさんにとっては理論上、気持ち良いと感じるはずなので、喜びますよ。


皆さんの参考になれば嬉しいです。

以上、ぴろ(@sato0000006)の記事でした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

下記の記事では、僕のカメの飼育の失敗談を紹介しています。
よかったら読んでみてください。

【17年飼育】カメの飼育の失敗談を8つ紹介!【これだけはするな】