ゲームばかりする大学生が把握するべきたった1つのことを紹介!

大学生
・最近ゲームしすぎてる…
・ゲームばっかしてて大学生活大丈夫かな?
・ゲーム以外の趣味が欲しい…

このような「ゲームばかりしている大学生」に向けてこの記事を書きました。

個人的には大学生活でゲームをすることは悪いことではないと思っています。

僕も大学1年生の頃は1日10時間以上友達とゲームをして楽しんでいました。

ただ、ゲームをする大学生は1個だけ把握するべき事実があります。

この記事では大学院も含めると大学に5年間通う僕の経験を元に、


ゲームをする大学生が把握するべきことについて紹介します。

記事の内容
・ゲームをする大学生が把握するべきたった1つのこと
・大学生活でゲーム以外で楽しめたこと
・大学生活のゲームは最高だけどほどほどに



この記事を読むことで、大学生活を後悔しなくなりますよ!

この記事を書いている人
現在は大学院生です。
ブログ運営を1年半くらいしています
それなりの失敗を積み重ねて生きています笑



ゲームをする大学生が把握するべきたった1つのこと

この記事の結論を最初に紹介します。

ゲームをする大学生は、

「大学生活はゲーム以外にすることがたくさんある」



このたった1つのことを把握する必要があります。

簡単に言うと、大学生活は時間があるので様々な選択肢を意識するべきということ。


理由
・大学生活は楽しいことばかり
・就活でのエピソードを作ることができない
・ゲームは本気にならないと成長しない



「大学生活はゲーム以外にすることがたくさんある」説の立証には、


僕の経験からこのような理由があります。

簡単に説明していきますね。

理由① 大学生活は楽しいことばかり

大学生はゲーム以外に楽しいことばかりなんですよ。

理由
・時間がたくさんある
・出会いが多い
・若いので体力がある



大学生は自由+体力があるので様々な選択肢があります。

僕は大学1年生の頃、友達と毎日のように講義終わりに何時間もゲームをしていました。


とても楽しかったしそのおかげで友達ともたくさん遊ぶようになりました」


成績も別に落としていません。

だから、ゲームで失敗したなんてことは1度も思ったことはありません。

しかし、僕も含めて周りの友達はゲームから離れていきました。

他にハマることがたくさんあったからです!

どんなことにハマったかはこの記事の中盤で紹介しますね。

とりあえず大学生活は楽しいことがたくさんありますよ。

理由② 就活でのエピソードを作ることができない

大学生活は就活のエピソードを作る必要があります。

エピソード
・バイト
・サークル
・部活



この辺の話を面接でしてもいいですが、周りと同じような話になるので差がつきません。

特にゲームばかりしすぎて大学生活中に何の挑戦もできないと話すことがなく後悔しますよ。

僕はサイトの運営とプログラミングに挑戦しているので少し就活は楽でした。

大学生活には「挑戦」が大切だということも把握しておきましょう。

理由③ ゲームは本気にならないと成長しない

ゲームは本気にならないと成長しないですね。

利点
・思考力が身につく
・ゲームでうまくなる過程は他のことでも応用できる



などゲームを通じて成長することもあります。


しかし、どれも本気でやった場合のみ成長します。

成長しないパターン
・友達と楽しみながらわいわいする
・暇つぶし程度に思考停止でする
・ストーリーの攻略を楽しむ



などのゲームの楽しみ方では何も成長しません。

大学生は時間もたくさんあるので、成長する時期であることは間違いありません。


それを成長しないゲームで大半を埋めてしますのは少しもったいないと僕は思います。

大学生活でゲーム以外で楽しめたこと

僕が大学生活でゲーム以外に楽しめたことを紹介します!

大学1年生の頃は毎日何時間もゲームをしていた僕が、


ゲームをまったくしなくなるくらいハマったことです。

ハマったこと
・プログラミング
・サイトの運営
・旅行
・読書



かなりハマったのはこの4つです。

どれもオススメなので簡単に説明していきますね。

① プログラミング

ゲーム以外で最初にハマったことです。

プログラミングができるようになると、

利点
・自分でアプリが作れる
・自分でサイトが作れる
・データの整理などめんどくさい作業を減らすことができる
・副業でお金が稼げる



このことができるようになることを知ったため僕も友達もプログラミングを始めました。

利点
・友達と一緒に勉強する
・難しい
・クリアできるとおもしろい

などゲームとの共通点もあります。

僕の場合は、プログラミングが難し過ぎて友達とともに挫折しました笑

ただ継続さえできれば上達するはずなので、オススメです!


何より何かを作るという体験はとてもおもしろかったです。

② サイトの運営

このサイトを運営することもおもしろいですよ。

利点
・自分の知識をブログで共有できる
・アクセス数が増えると気持ちいい



このような理由で楽しいです。

しかもブログなんて誰でもできるのでオススメですよ!


ブログだけでなくYouTube、Instagramなど様々な媒体があるので自分に合うのを選んでみてください。

③ 旅行

旅行もハマりました。

国内も国外も色々な場所に旅行に行きましたが、どれも楽しかったです。

特に友達とレンタカーで旅行に行くことは楽しかったですよ。

車内での会話は自然と盛り上がるので最高でした。


今でも月に1回くらいは旅行に行っています。

暇なときは旅行に行くこともオススメです!


下記の記事では日帰り旅行の良さについての記事を書きました。


よかったら読んでみてください。

6年間の大学生活の中でも最強だった休日の過ごし方を紹介!【日帰り旅行】

⑤ 読書

読書にもハマりました。

読書は自分にない知識・考えを知ることができるので勉強になります。

僕は漫画が大好きです。


昔から文字ばかりの本を読むことは基本嫌いでした。

しかし、メンタリストDaiGoさんやキングコング西野さんの本は読みやすく面白いのでオススメです!

読書が苦手な方も、小説に限らず自分の興味がありそうなテーマの本を1度読んでみてください。

結構ハマるかもしれませんよ?

大学生活のゲームは最高だけどほどほどに

僕は最初に、

「大学生活はゲーム以外にすることがたくさんある」

のことを把握しておくべきだと紹介しました。

大学生活のゲームは、

利点
・楽しい
・友達と仲良くなれる
・思考力が身につく



など最高ですが、色々なことに挑戦することをオススメします。

大学生は時間がたくさんあるので挑戦がしやすい環境です。

ゲームのしすぎで貴重な大学生活を削りすぎることはもったいないですよ!

まとめ

この記事ではゲームをしている大学生に向けて、把握するべきことを紹介してます。

記事の内容
・ゲームをする大学生が把握するべきたった1つのこと
・大学生活でゲーム以外で楽しめたこと
・大学生活のゲームは最高だけどほどほどに



大学生は時間があるので、ゲーム以外にも色々なことをすることをオススメします!

ゲームも楽しいですが、ほどほどに!


最後まで読んで頂きありがとうございます。


下記の記事では、僕の大学生活の失敗談についてまとめてみました。
よかったら読んでみてください。

大学生活での失敗談を8個紹介!【大学院生が後悔した話】