大学院生の彼氏と付き合うときに理解して欲しいことを書いてみた【お願い】

大学院生

「大学院生の彼氏と付き合っている、付き合いたい」

このような大学院生の彼氏がいる、欲しい方のための記事を書きました。

どうも、昨年度に無事修了過程を終えた一般男性です。

修士課程とは簡単に言うと、大学を卒業してから2年間大学院生として研究をする期間ですね。

修士論文を書くことで修了(卒業)することができます。

ちなみに、その後3年間研究を続ける博士課程というものもあります。

詳しくはググってみてください

で、僕は去年までこの修士課程の大学院生でした。

大学院生時代には彼女もいました。

不思議と大学院生時代の友人たちも彼女がいる人が多かったです。

この記事では、大学院生の彼氏と付き合う・付き合いたいときに知って欲しいことをまとめてみました。

僕と周りの友人の意見を参考にした記事にはなりますが、大学院生の方には共感できることばかりだと思います。

記事の内容
・大学院生の彼氏の注意点
・大学院生の特徴



まず、大学院生の切実な事情について書きます。

その後、大学院生彼氏の恋愛面における特徴をまとめています。

よかったら読み進めてみてください。

この記事を書いている人
社会人1年目です。
ブログ運営を2年くらいしています
それなりの失敗を積み重ねて生きています笑



大学院生の彼氏の注意点

まず、すでに付き合っている前提で「大学院生の彼氏が彼女にわかって欲しいこと」について書きます。

わかって欲しいこと
・大学院生は学生だけど忙しい
・研究は辛い
・現時点ではお金がない



この3つについては切実に伝えたいです。

簡単に説明しますね。

① 大学院生は学生だけど忙しい

大学院生って学生のくせに忙しいんすよ。

まず、多くの研究室にはコアタイムというルールがあります。

「9時~17時の間は研究室にいろよ」というルールです。

このルールのせいで平日の昼間から遊ぶなんてなかなかできないです。

まるで社会人の扱いですよね。

しかも、進捗報告前や学会などの前は夜遅くまで研究や資料作成を行っています。

これが結構大変なんですよね…

僕自身も大学院生時代は研究が忙しく朝から晩まで研究してて、彼女と会えない期間がちょこちょこありました。

大学院生って学生のくせに忙しいんですよ…

なので、研究を理由に会えない期間があっても許してあげて欲しいです。

② 研究は辛い

忙しいことに続きますが、研究って辛いんですよ。

実験を夜遅くまでやらなきゃいけない、頑張っても成果が出ない、進捗報告会で怒られるなどなど

辛いことを挙げだしたらキリがないです。

「自分で選んだ道だろ」

「もっと効率良くやればいいだろ」

と言われたらそこまでかもしれないですが、多くの大学院生は研究の辛さに苦しんでいます。

もし、彼氏が研究のことでイライラしているときや落ち込んでいるときは慰めてくれるとめちゃくちゃ嬉しくなりますよ。

共感してくれるだけで嬉しいものです。

大学院生の彼氏と付き合うなら、研究はそこそこ辛いということを理解して欲しいです。

社会人で言う仕事だと思ってくれたら幸いです。

③ 現時点ではお金がない

大学院生って現時点ではお金がないことも理解して欲しいです。

研究が忙しくてアルバイトをする暇があまりないから。

研究室からお金がでるところなら別ですが、基本は収入はないです。

多くの大学院生は仕送りか奨学金で日々を乗り切っています。

もう23歳、24歳のいい大人かもしれないですが、お金はないんですよ。

ここも理解して欲しいです。

大学院生の特徴(恋愛面)

ここまでの内容だと「いやいや、忙しい&金なしとか大学院生と付き合うメリットなしかよ」と思っちゃいますよね。

ここで挽回するためにも大学院生の恋愛面の特徴をまとめてみました。

意外と良かったりしますよ。

恋愛面
・余裕のある人が多い
・就職先は安定
・早く結婚する人が多い
・出会いは普通にある



それぞれ簡単に説明しますね。

① 余裕のある人が多い

大学院生って余裕のある人が多いんですよ。

学生の頃、大学院生と大学生を何人も見てきましたが、なんとなく大学院生って心に余裕がある人が多いんですよね。

雰囲気でしか感じれませんが、事実です。

僕が就職してから配属されたところは大学院卒しかいないような部署なんですが、

ここでも先輩からはなんとなく余裕を感じます。

感覚的な話になりますが、間違いなく大学院生って余裕のある人が多いです。

これ恋愛面において結構重要なんですよ。

相手のことをちゃんと考える余裕があるから。

あと、余裕がある人ってやっぱり安定しているから変に怒ることもない。

恋愛においては心に余裕があるかは重要なことだと思います

② 就職先は安定

ちょっと結婚を見据えた話にはなりますが、大学院生の就職先は安定していますよ。

大学院生って就活でかなり強いので。

いわゆる「大手企業」というところにいけます。

まだまだ日本には大学院卒しか入社できないようなところがたくさんあります。

僕の配属先も大学院卒の方しかいません。

日本の大手企業って休みはたくさんある、給料はそれなりに良い、福利厚生が手厚いなど結婚する上で利点が多いです。

大学院生の頃はお金がないですが、修了後はそこそこ安定していますよ。

③ 早く結婚する人が多い

続いて、大学院生は早く結婚する人が多いですね。

僕の周りになりますが、なんとなくそういう傾向があります。

僕の友人も大学院時代に婚約していたり、先輩たちも修了後2年以内に結婚している人が多いです。

僕の職場でも4年目以降の先輩はだいたい結婚しています。

理由はわからないですが、

余裕や安定から結婚する人が多いのかなと勝手に思っています。

④ 出会いは普通にある

最後に大学院生に出会いがあるのか問題について書きます。

大学院生は出会いがないという内容の記事をよく見かけますが、

半分ホントで半分嘘だと僕は思っています。

確かに待っているだけじゃ大学院生に出会いはほぼないです。

女性が周りにいないから笑

大学院生の生活の拠点ってほぼ研究室なんですよ。

でも、研究室にいる女性には手を出し辛いし、そもそも研究室に女性がいることはないです。(工学部出身の僕の経験)

ただ、自分から動けばそこそこ出会いはありますよ。

研究であまり他のことはできないですが、学生の特権のアルバイトやサークルなんかの出会いもあります。

だからこそ、恋愛している大学院生と恋愛に無頓着な大学院生に別れると考えています。



下記の記事では、大学院生の出会いの主な場について書いてみました。

よかったら読んでみてください。

理系大学院生の出会いの場を7つ紹介!【実話】



でも、出会いはあっても一途な人が大学院生には多い気がします。

学部生の頃は浮気している人を何人も見てきましたが、大学院生になってからは見たこと無いです。

まとめ

この記事では、大学院生の彼氏と付き合うときの注意点と恋愛面における大学院生の特徴について書きました。

僕個人はクソ人間なのであれですが、僕の友人たちや職場の先輩方々を見ていると大学院生は彼氏としては良いと思いますよ。

ただ、研究が忙しいということだけは理解して欲しいです。

ぜひその辛さを共感してあげてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

下記の記事では、遊びをメインに僕の大学院生活について書いています。

よかったら読んでみてください。

大学院の生活を現役大学院生が教えます!【遊びも充実できる?】