大学生ミニマリストが持つペンは1本で足りる?【結論3本】

ミニマリストを目指す
・ミニマルストってペン1本で生活してるの?
・ペン1本って不便じゃない?

このようなミニマリストのペン事情について気になる方のための記事を書きました。


この記事を読んで欲しい方
・ミニマリストを目指している方
・学生などペンが複数必要な方
・効率主義で生活したい方



どうも、自分をミニマリストだと信じて止まない大学院生です。



ミニマリストということで限りなくペンは減らしてるつもりです。


なんなら多機能ボールペン1本で少し前は生活していました。


しかし、


少し問題があったので今ではシャーペン、ボールペン、赤ペンの3つで大学院生活を送っています。


実際にこれが最も効率的で快適だと感じています。


1本も結構ミニマムで良かったのですが、少し嫌なポイントがありました。



この記事では、そのあたりの理由を書きつつ、ミニマリストを目指す僕が3種類のペンを持つ理由を紹介しています。

記事の内容
・ミニマリストがペン1本で困ったこと
・使うペンのルール



学生でミニマリストを目指す方には参考になるかなと思います。

この記事を書いている人
現在、大学院生です。
ホテルの空間に憧れてミニマリストを目指しています。
ミニマリストであっても快適に暮らすことを最重要しています

ミニマリスト大学生がペン1本で困ったこと

「ミニマリストならペン1本で問題ない」


多くのミニマリストの方はこのようにおっしゃられる方が多いと思います。


僕自身多機能ボールペンを使ってペン1本の生活を経験して、


学生であってもペン1本で生活できないことはないと感じています。


ただ、


僕はミニマリストを目指しつつ、効率的で快適な生活を目指しています。


ペン1本だけで生活していた頃、少し窮屈さを感じました。


これだったら、多色ボールペンではなく3本に分けた方が効率的だなと少し感じたので、


ペン1本生活は辞めました。


そのとき困ったことはこの3つです。

困ったこと
・壊れやすい
・切り替えの手間がある
・筆箱なしは効率が悪い



簡単に説明していきますね。


ちなみに、多機能ボールペンをディスっているわけではないです。


僕には合わなかったというだけです。

① 壊れやすい

まず、多機能ボールペンは壊れやすかったですね。


どうやら1000円未満のモノは多機能ゆえに壊れやすい特徴があるようです。


1度ペンの切り替えができなくなり、


そのあと買った多機能ボールペンも同様に壊れてしまいました。


使い方が悪い、安物を買っているなど理由を挙げれば結局使った、選んだ僕が悪いのであまり言えませんが、


壊れやすいというリスクを取り続けるのは少し嫌でした。


ただ、他の方の記事を見る限り2000円以上の高いモノなら壊れにくいそうです。
機会があれば買ってみようかな。

② 切り替えの手間がある

多機能ボールペンって結局切り替える必要がありますよね。


それって筆箱から3種類のペンを選ぶこととあまり変わらないかなと思いました。


つまり、モノを選ぶときのストレスである「選択疲れ」の軽減にはなっていないなと思いました。


なんなら1つにつき、1つの機能を持つものを筆箱の中から選ぶ方が楽だと僕は感じましたね。


切り替えの手間と3本持つ手間を天秤にかけた結果、僕は3種類のペンを持つことにしました。

③ 筆箱なしは効率が悪い

最後にペン1本にしても筆箱はなくせなかったです。


大学院生でシャーペンを使っていると、必ず消しゴム、シャー芯、USBメモリを入れるためにも筆箱が欲しくなります。


ペン1本でも筆箱は減らせないなら、別に2,3本ペンを入れても変わらないじゃんと思いました。


正直、学生には筆箱が必須なんですよね…

使うペンのルール

ただ、1本じゃないなら10本くらい持つのかというのは違います。


僕はミニマリスト的な考えで効率よく生活したいと考えています。


そこに基づいて使うペンのルールを3つに整理しました。


無意識のうちに自然とこのルールに落ち着いましたね。

使うペンのルール
① 1種類につき1本
② 色は1色まで
③ 少しでも使いにくいものは買い替える



理由も合わせて簡単に紹介しますね。

ルール① 1種類につき1本

まず、1種類のペンにつき1本まで。



このような理由があります。

理由
・選択疲れをなくせる
・ガチャガチャと使いたいペンを探す必要がない
・筆箱のサイズを小さくできる




例えば、ボールペンだけでも3本くらい筆箱に入っているとします。


毎回無意識のうちにボールペンを使いたいときはその3つの中から選ぶことになりますよね。


このとき「選ぶこと」に実はエネルギーを使ってしまうようです。


また、筆箱の中身が多いと使いたいペンを探すときにガチャガチャと探す手間が増えます。


少し細かいかもしれないですが、快適にペンを使うためにも1種類につき、1本ですね。

ルール② 色は1色まで

使う色は1色までです。


このとき黒は除きます。


例えば、僕はこの3本のペンしか持っていません。



用途
・ボールペン
→書類を書くとき
・シャーペン
→研究のメモをするとき
・赤ペン
→メモの中の大事な部分を強調するため



このように黒以外の色は黒以外であれば何色でもよいのですが、1色あれば問題ないです。


色んなペンを使うことはペンケースの中を圧迫するので不必要です。

ルール③ 少しでも使いにくいものは買い替える

少しでも使いにくいモノは買い換えます。


使いにくいモノを持っているだけでもストレスになりますね。


例えば、


使いにくいペン
・書きにくい
・太さが適切ではない
・持ちにくい



こういったペンは自分には合わないのですぐに手放します。


「せっかく買ったのにもったいない」と思って残してもよいのですが、


そのペンを使う度に「使いにくいなあ」と思うことが僕にとっては嫌でした。


細かいかもしれないですが、使いにくいペンは問答無用で手放します。

まとめ

この記事では、大学生ミニマリストのペン事情について書きました。


記事の内容
・ミニマリストがペン1本で困ったこと
・使うペンのルール




3本くらいのペンなら結構快適に生活できます。


ミニマリスト=ペンは1本じゃんくても良いと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


下記の記事では、ミニマリストを目指すときに残す文房具を選んだ過程について書きました。
よかったら読んでみてください。

ミニマリストの文房具の数は?種類は?選び方は?【全部紹介】