ミニマリストだけどベッドは手放せなかった理由を紹介!

ミニマリストを目指す
・ミニマリストにベッドは余計なモノ?
・ミニマリストならベッドは手放すべき?

このような疑問を持つ方のための記事を書きました。



この記事を読んで欲しい方
・ミニマリストを目指している方
・ミニマリストを目指す過程でベッドを手放すか迷っている方




僕はミニマリストを目指しています。


おそらく不必要なモノはほとんど手放しました。


そんな僕でも寝具としてベッドは手放せませんでした。
もちろん明確な理由もあります。


この記事を書いている人
現在、大学院生です。
ホテルの空間に憧れてミニマリストを目指しています。
ミニマリストであっても快適に暮らすことを最重要しています




なぜミニマリスト僕がベッドを手放せないのか、その理由について書きたいと思います。


記事の内容
・ミニマリストでもベッドを使う理由
・快適な生活を意識している
・ミニマリストとして目指す理想像にベッドは必要



この記事を読むことでベッドを手放すかどうかの参考になれば嬉しいです。

ミニマリストでもベッドを使う理由

ミニマリストの方がベッドを手放して布団にするのを見て、


僕も何度かベッドを手放すか悩みました。


ただ、「ベッドは最高だな」と自然に思えるし手放す理由がなかったですね。


ミニマリストの僕が布団ではなくベッドを使う理由は言語化するとこんな感じです。

理由
・寝具は絶対に1つ必要だから
・ホテルの空間を目指しているから
・寝心地が1番良いから
・捨てるのが面倒くさいから
・手入れも掃除も苦じゃないから ・デザインが好きだから



簡単に説明していきますね。

理由① 寝具は絶対に1つ必要だから

まず、寝具は絶対に必要だからですね。


ベッドを手放しても追加の布団が必要になりますよね。


結局、


モノ自体の数は変わらないので、別に無理に手放す必要はないのかなと思いました。


今ある良いモノを手放してグレードダウンするモノを買う意味が僕にはよくわからなかったですね。


ただ、あくまで僕個人の話なので布団を馬鹿にしているわけではないです。

理由② ホテルの空間を目指しているから

僕がミニマリストを目指した理由の1つに、ホテルの空間が好きという理由があります。


広いホテルではなく、ビジネスホテルでベッドと机がおいてあるみたいな。


ホテルの空間が好きな理由
・作業に集中しやすい
・無駄なモノがない
・落ち着く空間
・常にきれい



こんな感じでホテルの空間が大好きです。


ホテルの部屋での作業は捗るので家でもそういう空間を作りたくて無駄なモノを減らすミニマリストを目指しました。


そして、ホテルには必ずベッドがありますよね。


なので、自然と布団の選択肢がなかったかもです笑


この記事の最後でもう少し深掘りします。

理由③ 寝心地が1番良いから

僕にとって最も寝心地が良いのはベッドです。


もちろん布団で寝たことも何度かあります。
なんなら来客用に1セット押し入れの中に布団もあります。


ただ、やっぱりベッドの方が布団よりも寝心地が良い気がします。


寝心地が良い理由
・マットレスが厚いから?
・床との距離が遠いから



寝心地が良い理由を言語化するとこんな感じですかね?


ハッキリとした理由はわからないですが肌感覚としてベッドの方が僕の場合寝やすいですね。

理由④ 捨てるのが面倒くさいから

ベッドを使う4つ目の理由は捨てるのはめんどくさいからです笑


もっと言うと新しい布団を買うことも面倒くさいです。


別に掃除の手間やモノの数が大きく変わるわけではないのに、


ベッドのような大きいモノを捨てるというのは面倒くさいですね。


ベッドに関して余計な時間もスペースもとられていると感じないので処分する手間と時間の方が無駄だと思っています。

理由⑤ 手入れも掃除も苦じゃないから

先ほど少し書きましたが、


ベッドの手入れも掃除も別に苦ではないですね。


ミニマリストならモノにかける手間と掃除は可能な限り減らしたいですよね。


ただ、


布団もベッドも手入れの手間は同じくらいだと思います。


ベッドの下もクイックルワイパーを使えば普通に掃除できます。


もはや畳んで収納してから掃除の必要がある布団の方が手間と掃除は面倒くさいと僕は感じてしまいます。

理由⑥ デザインが好きだから

最後にベッドを使う理由としてデザインが好きという理由もあります。

デザイン
・フローリングならベッドの方が合うと思うから
・ホテルのデザインが好きだから




和室に布団は僕は好きですが、


僕の部屋は残念ながら8畳のフローリングです。


フローリングならベッドの方が合うと思います。


また先ほども紹介しましたが、ホテルのようなデザインにしたいのでデザイン面から見てもベッドの方が気持ちよさそうです。

快適な生活を意識している

僕は快適な生活を意識しています。


別に「ミニマリストなら布団だろ」「ミニマリストならベッドだろ」


みたいな話はないと思います。


ただ、睡眠は生活リズムを良い感じにしてくれる作業なので、気持よく作業するためにも、


寝具を選ぶときには、

寝具を選ぶポイント
・寝心地
・デザイン
・手間



のポイントを僕は意識するようにしています。
それが結果的に僕の場合はベッドになっただけです。


当たり前の話ですが、


ミニマリストなら自分にとって必要な寝具を自分で決めることをオススメします。

ミニマリストとして目指す理想像にベッドは必要

何度も紹介しますが、


僕が憧れる部屋はビジネスホテルの一室です。


ホテルの空間が好きな理由
・作業に集中しやすい
・無駄なモノがない
・落ち着く空間
・常にきれい



このようにホテルの部屋は、



まさにモノに囚われない生活を目指すのにピッタリだと思います。




そして、その快適な生活にベッドは必要だと思っています。

まとめ

ミニマリストを目指す僕がベッドを手放せない理由を紹介しました。


理由
・寝具は絶対に1つ必要だから
・ホテルの空間を目指しているから
・寝心地が1番良いから
・捨てるのが面倒くさいから
・手入れも掃除も苦じゃないから ・デザインが好きだから



寝具は僕たちの睡眠を手助けしてくれる道具です。


ただ減らしたいではなく、本当に不必要かの目線が大事かなと思います。


最後まで読んで頂きありがとうございます。


最後まで読んで頂きありがとうございます。



下記の記事ではミニマリストになりたいときにするべきことを僕目線で書きました。
よかったら読んでみてください。

ミニマリストになりたいならやるべきことは2つだけ!