物を減らした後に掃除の手間を0にするコツを紹介!【労力0】

片づけ
掃除面倒くさいなあ…
物減らしたら掃除の労力なくなんの?

このようなことを考えている方の記事を書きました。


この記事を読んで欲しい方
・断捨離をしている方
・掃除の手間をなくしたい方



どうも、


掃除は面倒だけどなるべくきれいな部屋に住みたい一般男性です。


掃除なんて面倒くさい作業せずにきれいな部屋に住みたくありませんか?



「ロボット掃除機を買いましょう」


こんな結論の記事ではないです。


断捨離して、身につけるべき習慣を身につければ掃除を労力に感じることはなくなりますよ。


僕自身の実体験です。


この記事では、その理由や具体的な方法を書いています。

記事の内容
・断捨離は掃除を楽にする
・断捨離は掃除を0にはできない
・物を手放すと身に付く習慣



この記事を読むことで、掃除が少しは楽になるかもです。

この記事を書いている人
ただの社会人です。
ホテルの空間に憧れてミニマリストを目指しています。
ミニマリストであっても快適に暮らすことを最重要しています



断捨離は掃除を楽にする

断捨離は掃除を楽にしてくれます。

つまり、「不必要な物を手放し切る作業」を1回すると掃除をかなり楽にしてくれますよ。

このような理由があります。

掃除が楽になる理由
・手入れする物が減る
・片付ける物が減る
・床の上の物が減る



当たり前の話です。

物を減らせば、ほこりをとるなど「物の手入れの手間」が減ります。

また、散らかっている服など「片付ける物」が減ります。

掃除を邪魔してくる「床の上の物」も減ります。

部屋が汚れる原因・掃除の労力を増やす原因は物です。なので、断捨離すれば掃除の手間が減るのは当たり前です。


物の整理のコツは下記の記事で紹介しています。
よかったら読んでみてください。

オススメのモノの減らし方を3種類紹介!【大学院生が実験してみた】

断捨離は掃除を0にはできない

前述した通り、物を減らせば掃除の手間を減らせます。


ただし、


掃除の労力、かける時間を0にすることはできません。


生きるため、快適に生活するためには物がある程度必要です。



それらの物がある限り部屋は汚れて、散らかります。


掃除労力を0にはできません。

物を手放すと身に付く習慣

ただ、



「掃除の労力を限りなく0に近づけること」



はできます。


これも掃除をしなくてもいいとほぼ同義になるはずです。


(ロボット掃除機を買いましょうという話ではないので安心してください)


不必要な物を減らした上で、


3つの習慣を身につければOKです。

習慣
・物を元に戻す習慣
・毎日掃除する習慣
・余計な物を買わない習慣




どれも面倒くさそうな習慣のように見えるかもしれないですが、


物を手放した後はこれらの習慣は簡単に身に付きますよ。


それぞれ簡単に説明しますね。

習慣① 物を元に戻す習慣

物を元に戻す習慣は片付けの手間をなくせますよ。


「それができたら苦労しないよ」と思う方も多いと思います。


ただ、不必要な物を手放した後だったら意外と楽に身に付きます。


そのためにまずは


「物の置き場所を固定する」


ことをしてみてください。


そのとき、

コツ
・使った後に早く戻せる場所に置き場所を決める
・部屋が片付いているメリットを知る



ここを意識すると元に戻す習慣が身に付きますよ。


使った後に物を元に戻さない最大の原因は


「面倒くさいから」「得にならないから」


です。


その面倒くささをなくすために使った後1秒で元に戻せる場所に置き場所を完璧に決めてください。


少ない物なら置き場所を決めることはそこまで難しくないはずです。


物を減らした後なら、物を元に戻すこともあまり労力に感じません。


置き場所に関しては下記の記事で詳しく紹介しています。
よかったら読んでみてください。

超効率の良い片付けの方法を大学院生が紹介!【実体験】

得になることは続く

自分にとって何かしらのメリットがあると人は行動に移せます。

例えば、「食べ終わった後の食器をすぐに片付けたら1000円あげるよ」


なんて言われたら誰だってすぐに食器を片付けますよね。


今回であれば「部屋をきれいにするメリット」を知ることで行動に移しやすくなりますよ。


ここでいう行動は「物を元に戻すこと」です。


僕の場合は、

メリット
・集中できる空間になる
・快適な生活になる
・掃除の時間が減る
・物のストレスを受けない



のメリットを受けられると思いながら


使った後の物はすぐに決めた置き場所に戻すことをしています.


得になることなら行動しやすいですよ。

習慣② 毎日掃除する習慣

毎日の掃除はオススメですよ。


掃除といっても部屋全体をクイックルワイパーで掃除するだけです。


物が少なく床の上の物を片付けるなんてことないので楽にできますよ。


ワンルームの部屋だと1分くらいで終わります。


音楽聴きながら1分なんて労力に感じません。


「歯を磨いた後」「家に帰った後」


など○○の後という習慣を身につければ1分の掃除の習慣は身につきやすいですよ。


掃除しないと落ち着かないくらいの状態になります。

習慣③ 余計な物を買わない習慣

余計な物を買わない習慣も部屋をきれいにするのに必要です。


断捨離をし終わっても


その後物が増えたら意味ないです。


「何も買うな」


とはいいませんが、断捨離をした後なら自分には何が必要で何が不必要かわかるはずです。


余計な物を買って物を増やさないようにすることをオススメします。

まとめ

この記事では物を手放した後に部屋を綺麗するコツを紹介しました。


習慣
・物を元に戻す習慣
・毎日掃除する習慣
・余計な物を買わない習慣



物を減らした後ならこの3つの習慣も身に付きやすくなっていますよ。


継続するのが苦手な僕も2ヶ月くらいでなんとか身に付きました


かなり快適なのでオススメです。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

下記の記事では、ミニマリスト生活の楽な部分を紹介しています。

よかったら読んでみてください。

ミニマリストの生活が圧倒的に楽な要因を10個紹介!【体験談】