ミニマリストは普通の人という話【ミニマリストの共通点は1つだけ】

ミニマリストを目指す

「ミニマリストなんて普通の人だよね」

この記事の主題です。

どうも、少ない持ち物で生活している自称ミニマリストです。

3年ほど前に「少ない持ち物で生活するミニマリスト」に憧れて、目指すようになりました。

ビジネスホテルのようなスッキリした部屋や不必要な物を手放して大事なものに注力する姿に惹かれたんですよね。

ただ、少ない持ち物で生活することってやっぱり不便で、不便さを解消するために捨てる→買い戻すを繰り返していました。

当時は「少ない持ち物で快適に過ごすミニマリストはなんてすごいんだ、、」と思っていました。



そこから遠回りは色々ありましたが、今では持ち物をかなり減らしても快適に暮らせています。

いや、少ない持ち物だからこそ快適な生活ができています。

で、

振り返ってみると、良くも悪くも「ミニマリストは普通の人」ということに気付きました。

この記事では、ミニマリストなんて普通の人だよねという話をします。

別にタメになる記事ではないので、気軽に読んでみてください。

この記事を書いている人
ホテルの空間に憧れてミニマリストを目指し始めました。
3年くらいは少ない持ち物での生活を実践しています。 ミニマリストであっても快適に暮らすことを最重要視しています



ミニマリストってなんだっけ

まず、ミニマリストは何もない部屋で生活する人ではないですよ。

ミニマリストにハッキリとした定義はないですが、以下のような人だと自分は考えています。

「自分に必要なモノがわかっている人」
「大事なもののために減らす人」

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」 という本で紹介されていました。

まとめると、

自分が必要・大切だと感じている物を把握し、それ以外の物は持たない人。



でも、わざわざ無駄な物を持とうとする人は少ないですよね。

無駄な物を持とうとする人は少ないですが、ミニマリスト的な生活はしていないと思います。

理由は自分にとって何が本当に必要なのかを整理していないから。

ミニマリストはここを整理して、ただ手放しきっただけ。

何かを成し遂げたわけでもないです。


ホントに普通の人だと思います。

ミニマリストだからは間違い

よくネットの記事やSNSで見る、

「ミニマリストだから湯シャンなんでしょ」
「ミニマリストだからボロボロの物も使い続けるんでしょ」
「ミニマリストだから何もない部屋で生活しているんでしょ」

この「ミニマリストだから・・・」ってただの偏見なんですよね。

結局、ミニマリストって「自分」にとって必要な物だけを残すので、何を残すか、どのような生活をするかは本人次第だと思います。

ミニマリストじゃなくても、湯シャンする人はいるし、ボロボロの物を使い続ける人もいるし、何もない部屋で生活する人もいます。

ミニマリストも普通の人なので、「ミニマリストだから」で共通することはないですよ。

強いて言うなら、「ミニマリストだから、自分にとって必要な物しか持たないんでしょ」くらい。

ミニマリストは遠い存在ではない

ミニマリストに憧れる気持ちはめちゃくちゃわかります。

僕もミニマリストに憧れて、少ない持ち物での生活をするようになったので。

目指していた当時はミニマリストは遠い存在だと思っていました。

が、

ここまで説明したようにミニマリストは何かを成し遂げたわけではなく、ただ自分が必要な物だけを残している人。

冷静に考えたら普通の人で、遠い存在ではないですよ。

・ミニマリストが何かを整理する
・断捨離を繰り返す

この2つのことをゆっくりやっていれば自然と、不必要な物を手放しきっていますよ。

詳しくはこちらの記事で→ミニマリストに憧れたときにとるべき行動を考えてみた【ミニマリストになる】



ミニマリストを特別視するのではなく、もっとラフで近い存在として見ると気楽に少ない持ち物での生活に近づけますよ。

まとめ

この記事では、ミニマリストは「普通の人」だよねという話をしました。

ミニマリストだからなんてものはなく、遠い存在ではないです。

あくまで、

自分が必要・大切だと感じている物を把握し、それ以外の物は持たない人

憧れたときには遠い存在ではなく、普通の人くらいの目線で見ると気楽でいいですよ。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

下記の記事では、ミニマリストを目指してから楽になったことを紹介しています。

よかったら読んでみてください。

ミニマリストの生活が圧倒的に楽な要因を10個紹介!【体験談】